便利な着物レンタル!!着物の魅力とレンタルについて知ろう!!

入学式や結婚式などのお祝いシーン、和装スタイルでめぐる観光シーンなど、様々な場面で着物を楽しむ機会があります。あまり着用しない場合には、着物を買うのではなく、着物レンタルがおすすめです。ここでは、着物の魅力とレンタルについてお伝えします。

着物の魅力について

着物レンタル

日本の着物文化の歴史

日本の戦国時代から江戸時代の頃の伝統や文化は、海外の人からも大きな人気がありますよね。日本と言えば、着物はもちろん、それ以外にも武士や忍者などをイメージする方も多いです。日本は、中国をはじめとする大陸の影響を大きく受けてきており、飛鳥・奈良時代の上流階級では漢民族の支配者が着ていた漢服、一般庶民は大陸の遊牧民が着ていた胡服が一般的な服装で、着物が着られるようになったのは、平安時代の頃からです。
四季がある日本では、身幅や袖幅がゆったりして、且つ、重ね着がしやすい服装が好まれていた背景があり、袖付きの服を着ていたのは上流階級の人だけで、室町時代の後期になってようやく肉体労働者も小袖を着るようになります。そして、外国文化が浸透してくるようになって洋服を着るように変わっていった明治時代以降も、日本では庶民は着物を着て過ごしており、日本の伝統衣装である着物と言うのは、古き良き日本を連想させるアイテムでもあるのです。

着物はまるで絵画のような美しさがある

一般的に、海外のフォーマルの衣装は、単色である場合が多いですよね。色も、ホワイト、グレー、ブラックなど、モノトーン系が多いのも特徴です。一方、四季がある日本では、気温変化対応の為に、着物を重ね着して過ごすスタイルが基本だったので、その結果、着物で複数の色を組み合わせる文化が発達します。着物は、単色でも鮮やかな色合いのものが多くなっています。着物の重ね着や帯の種類によって雰囲気も大きく変わり、また、着物の帯には素敵な絵が描かれているものが多く、多様な色と絵の組み合わせで楽しませてくれます。

着物を着ると姿勢が変わる

着物と言うのは、帯で背骨や骨盤を固定するので、体を大きく動かすると着崩れます。なので、着物は歩行時も歩き方が制限されるので、特別な所作が必要になりますよね。着物を着た際には、品が良く落ち着いた仕草に見え、姿勢も良くなるので、洋服では得られない美しさを着物で引き出すことができます。

大きく変化している着物文化の価値観

着物レンタル

今までの着物のイメージは、「自分で着ることができない」「帯が締め付けられて苦しい」「着る機会がない」と言うように、少しハードルが高いイメージを持った方は多いのではないでしょうか?しかし、最近は「キモノ女子」と言う言葉が出てきているように、着物を日常着として楽しむ方が多くなっており、1日をレンタル着物で楽しむ姿も街で見かけますよね。このように、着物には現代人を惹きつける魅力があり、着物の魅力を知る程に「着てみたい!」 と思える存在として、着物レンタルは広く浸透しています。 女性にとって着物を着ることができるメリットは、外見はもちろん内面から自分の美しさを引き立てられるところです。着物と言うのは、洋服に比べて身動きしにくい衣類なので、普段とは違った特別な所作や振る舞いが求められます。歩き方も小股で静かに歩いたり、ひじを体から離さないように気を付けたり、指を揃えたり、着物の作法を身に付けて振る舞うので、自然と凛とした美しい動きになるのです。 また、着物の柄や素材は、自分の個性や季節感を楽しむ一つの要素です。帯留め、半襟、草履、バッグなど、小物で着物に遊び心を演出することもできるのです。時には、裾を短くしてスニーカーやソックスをコーディネートしても、現代的ですよね。着物を伝統的な着こなしでたのしんだり、現代的に楽しんだり、着物の着こなしの楽しみ方も広がっています。

着物レンタルについて

着物レンタル

着物レンタルのメリットとは

着付けやヘアセットを行ってもらえる

着物レンタルを利用すると、着付けやヘアセットなど、全ての準備をプロにお任せする事ができます。例えば、自分で着物を購入した場合だと、自分で着付けやヘアセットを行うと言うのは、中々難しいものがありますよね。このような時には、着付けやヘアメイクに対応しているヘアサロンを探して、予約を取る必要が出てきます。しかし、着物レンタルの利用では、着付けやヘアメイクも全て行ってくれ手間も省けて一石二鳥なので、利便性が高くお勧めです。また、レンタルの場合は、殆どのお店では無料着付けで、専門スタッフが丁寧に対応します。お店によっては、着付けやヘアセットが料金プランに含まれていないこともあるので、前以て店舗にプラン内容などの確認をするのがお勧めです。

使用後の後処理や保管が不要

着物レンタルで借りた着物と言うのは、使用後の後処理や保管に一切手間がかかりません。自分で持っている着物の場合であれば、使用後に必ずメンテナンスが必要で、また、保管方法にも気を付けることが大切になります。その理由は、着物の生地を傷めない為であったり、形崩れをさせない為であったり、着物を綺麗に保管する為に必要な作業だからです。例えば、自分で購入した着物をクリーニングに出した場合、費用相場は約1万円です。基本的に、着物のクリーニングと言うのは、着物の素材で料金が変わり、着物に汚れやシミがあればシミ抜き料金が別途で発生します。その点、着物レンタルは、着用後そのまま返却でき、一切の手間が不要です。なので、着物の手入れや保管の必要が無い分、気軽に着物を楽しむことができます。

着物の価格を安く抑える事ができる

着物レンタルでは、着物を自分で購入するより安くなる点もメリットです。また、着付けをはじめ着物に必要な小物アイテムなども、一式セットで利用可能なお店は多いです。着物を一式購入するとなると、10万円以上の費用がかかる場合も珍しいことではありません。しかし、着物レンタルにすることによって、リーズナブル価格でありながら、自分が気に入った着物を豊富な着物のラインナップから選ぶ事ができます。

着物レンタルを利用する際のコツ

早めのリサーチが大切

着物レンタルを利用する場合、着物を着る日はまだ少し先であっても、人気の着物と言うのは早く予約が埋まってしまいます。着物を着用する直前では、中々自分の好きな柄が選べなくなる事も珍しくありません。なので、お店のリサーチも早めにしておくと、着物選びに余裕が出るのでお勧めです。

お店を比較する事も一つの方法

着物を取り扱っているレンタルショップによっては、取り扱いされている着物の柄やセット内容は、それぞれに異なります。なので、自分が気になっている着物のデザインがあるお店を幾つか絞り、その上で、レンタル価格やレンタル日数などを考慮して比較がおすすめです。

レンタル日数を確認する

着物のレンタル日数と言うのは、基本は3日間が目安です。しかし、着物の返却期日に返却することができない場合、別途で料金が発生する事があることも覚えておきましょう。また、着物の受け取り日に関しても、自分が着物を利用する2日前の到着が目安となっています。なので、自分が利用する日も間違えないよう気を付けましょう。



まとめ

着物レンタルの利用は、着付けや後始末などが一切不要で、色々なメリットがあります。着物を自分で購入するよりリーズナブルで、且つ、手間や保管場所に困らない便利さは大きな魅力です。是非、ご自身の事情に合わせて、お気に入りの着物を着物レンタルで探してみて下さい。